由紀さおり&Pink Martini ロイヤル・アルバート・ホール公演 第一部

11月30日 阿佐ヶ谷ロフトAで、佐藤剛さんがナビゲーター、由紀さおりさんとぼくがゲスト出演して、「1969」の奇跡についてのトークイベントが開催されます。 詳しくはこちら http://www.loft-prj.co.jp/lofta/schedule/per.cgi?form=2&year=2011&mon=11&day=3…

続きを読むread more

浜田光夫さんトークライブに出演します。

スタジオジブリの映画『コクリコ坂から』で、再び注目を集めている日活青春映画。その時代を牽引していった、吉永小百合さんとの「純愛コンビ」で知られる、永遠の青春スター、映画俳優の浜田光夫さんが、9月7日に横浜の関内小ホールで「五十周年記念 浜田光夫トークライブ」を開催されることになりました。 浜田さんの洒脱なトークや歌を中心とした、名…

続きを読むread more

『コクリコ坂から』と日活青春映画 関連番組のご案内です

先週、日活の担当者から連絡がありました。 というわけで、今日、7月31日、23時からTOKYO FMの「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」にゲスト出演した回がオンエアされるようです。 テーマは「日活青春映画」。現在公開中の『コクリコ坂から』を演出する際に、宮崎吾朗監督が参考にした10本の吉永小百合映画。それがご縁で、敏夫さんと映画談義(…

続きを読むread more

『コクリコ坂から』は日活青春映画の最新作です!

さきほど、スタジオジブリのS君が来訪。ジブリの冊子「熱風」の打合せだったのですが、その時に「鈴木敏夫さんが、文藝春秋に佐藤さんのことを書いてます」と伺って、駅ビルの本屋へ(笑) あ、ほんとだ(笑) http://www.bunshun.co.jp/mag/bungeishunju/index.htm 「この人の月間日記…

続きを読むread more

由紀さおりさんのジャズライブ

2011年6月14日 渋谷のセルリアン・タワーのJZ Brat Sound of Tokyo で、由紀さおりさんのジャズ・ライブが行われました。 21世紀の歌謡曲をテーマにした由紀さんのプロジェクトをお手伝いしている僕ですが、もちろん由紀さんのファンでもあるわけです。「HIBARI 7 DAYS」(2月世田谷パブリックシアター)で…

続きを読むread more

美空ひばりフィルムフェスティバル

今年は美空ひばりさんの23回忌の年でもあります。ぼくもオトナの歌謡曲プロジェクトの一環として、2月には世田谷パブリックシアターの「HIBARI 7 DAYS」の構成や司会を担当してきました。 そして、この6月3日(金)と10日(金)の二週に渡って、川崎市アートセンター アルテリオ小劇場で「美空ひばりフィルムフェスティバル」が開催さ…

続きを読むread more

ポートランドの春

2008年 ぼくは由紀さおりさんの40周年アルバム「いきる/由紀さおり」の現場に、プロデューサーの佐藤剛さんに呼ばれて、プロジェクトに参加することになりました。歌謡曲シンガーとしての由紀さおりさんを、改めて21世紀にプレゼンテーションする「21世紀の歌謡曲」がスタートしたのです。 2009年 そのプロジェクトを「由紀組」と命名し…

続きを読むread more

ひばりの誕生

ぼくは、SP盤を愛好するユニット「ぐらもくらぶ」の一員でもありますが、今週の土曜日に、神保町らくごカフェで、イベントに出演します。 公式サイトからのコピペです。 佐藤利明の与太話を聞いてやろう、という方、久しくお目にかかっていないが、一寸時間があるから顔を観に来よう、という方、 ぜひ、奮ってご参加ください。 「ぐ…

続きを読むread more

4月10日文化放送「浜美枝のいつかあなたと」に出演します

4月10日 午前10時30分~11時の文化放送「浜美枝のいつかあなたと」にゲスト出演させていただきます。というか録音は先日行いましたので、ゲスト出演しました、です。 テーマは「植木等さんとクレージー映画」。これまでぼくは、浜美枝さんにクレージー映画についてインタビューをさせて頂いてきましたが、今回は、浜さんからいろいろと聞かれる…

続きを読むread more

こんな時だからこそ! 「みんなの寅さん」(文化放送)スタートします。

1995年、シリーズ最後の作品となった『男はつらいよ 寅次郎紅の花』のラスト。我らが車寅次郎は、阪神大震災の被災地である神戸の長田区を訪れました。復興に向けて活気を取り戻しはじめた被災地の人々に、寅さんは「ご苦労さまでした!」と声をかけました。それが1969年から1995年まで26年に渡って続いてきた『男はつらいよ』の、寅さんの、渥美清…

続きを読むread more

3月7日 テレビ東京「7スタBratch!」のロケゲスト出演します

というわけで、HIBARI 7 DAYSの休演日の2月23日、テレビ東京のお昼(12時30分~13時25分)で放映中の「7スタBratch!」のロケがありました。この番組はパックンが司会で、大学生の男の子が取材に出かける、というフォーマットの情報番組です。 僕のマネージメントをしてくださっている共同テレビジョンのTさんが「利明さ…

続きを読むread more

全力疾走のHIBARI 7 DAYS フィナーレを迎えました!

美空ひばりさんをリスペクトするアーティストたちが集結して、フィルム、トーク、そしてライブを繰り広げるHIBARI 7 DAYS。2月18日から27日まで、7夜、8公演を、キャパシティ600席の世田谷パブリックシアターで開催されました。すでにご報告しましたように、このうち結局、6夜、7公演の司会と、構成台本を手がけさせて頂きました。ネット…

続きを読むread more

いよいよ!「HIBARI 7 DAYS」です。

いよいよ、2月18日~27日、世田谷パブリックシアターで美空ひばりさんのイベント「HIBARI 7 DAYS」が開催されます。ポスターは横尾忠則さんです! イベントの全容です。 http://lultimo.jp/hibari7days/ このイベントの5日間の司会を担当することになりました。ステージで、アーティストの皆…

続きを読むread more

今年も宜しくお願いします。トークイベントのお知らせです。

さて、1月9日と15日、それぞれトークイベントをすることになりました。 まずは、好評開催中の神保町シアター『新春!喜劇映画デラックス』の第二週、『喜劇 男の腕だめし』の瀬川昌治監督とのトークが、来たる1月9日(日)に開催されます。 http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/…

続きを読むread more

新春!喜劇映画デラックス

昭和のお正月、映画館には 喜劇映画の明るい笑いがこだましていた。 笑う角には福来る、エノケン、ロッパに金語楼、森繁・伴淳・フランキー、三木のり平、渥美清にクレイジー・キャッツ… 昭和のスクリーンを爆笑の渦に巻き込んだ、 喜劇の数々を厳選。 これぞ正月のお楽しみ、これぞ喜劇映画デラックス! 平成23年のお正月は、 ブワー…

続きを読むread more

坂本冬美さんの「Love Songs 2~ずっとあなたが好きでした~」

ぼくは娯楽映画研究家という肩書きと同時に、音楽プロデューサー/評論家として”オトナの歌謡曲プロデューサー”という肩書きでも活動をしております。こちらは”オトナの歌謡曲”としての仕事です。 12月8日にEMIミュージックジャパンからリリースされます、坂本冬美さんのニューアルバム「Love Songs2~ずっとあなたが好きでした~」…

続きを読むread more

植木等ショー! クレージーTV大全(10月25日発売・洋泉社)詳細です。

さぁ、いよいよ出ます! 皆さん、どうぞ宜しくお願いします。 「植木等ショー! クレージーTV大全」佐藤利明・編著 洋泉社刊/2500円+税/A5版/ISBN978-4-86248-624-0 10月25日発売! 「植木等ショー」全エピソード紹介。詳細なデータ。植木等とクレイジーのTVバラエティ黄金時代時代を全検証! …

続きを読むread more

娯楽映画研究の成果、怒涛のリリースです!

というわけで、10月から11月にかけて、怒涛の放映&リリース・ラッシュです。いずれも長年の研究成果の発表と、情熱の発露ですので、皆さん、宜しくお願いします。斎藤寅次郎監督、森繁久彌さん、あきれたぼういず、植木等さん、芦川いづみさん・・・いずれも娯楽映画研究の成果です。 衛星劇場 特番・斎藤寅次郎を語る 第三回 http://…

続きを読むread more

植木等ショー! クレージーTV大全(10月25日発売・洋泉社)

今、鋭意作成中です。 240ページの単行本です。1997年の「無責任グラフィティ クレージー映画大全」(フィルムアート社)の13年ぶりの姉妹編です(遅いって!)。「植木等スーダラBOX」(TBS/ポニーキャニオン)の公式ガイドブックでもあります。2007年、植木さんの追悼番組に関わったときに、TBSで発見した「植木等ショー」をなん…

続きを読むread more