神保町シアター5月半ばから「喜劇映画パラダイス」!

5月の神保町シアターは、カックン映画の大特集! 戦後のアチャラカ映画をどどーんと集めたセレクションです。プログラム編成のお手伝いと、チラシの解説原稿を担当させていただいてます。

http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/program/coming.html


5月15日(土)~21日(金)
「喜劇人オールスター大行進」

豪華絢爛! 昭和の爆笑王たちがスクリーンに集結!! エノケン・ロッパに金語楼、森繁・伴淳・フランキー、そしてクレージー・キャッツにドリフターズ、時代を創ったコメディアンが、飛んだり跳ねたり、イキイキ動き回る姿は、まさに貴重な時代の記録となっている。日本を代表する喜劇人の夢の響宴によるオールスター映画セレクション!!

1.「東京五人男」 監督:斎藤寅次郎 昭和20年 白黒 *デジタル上映
2.「雲の上団五郎一座」 監督:青柳信雄 昭和37年 カラー
3.「極楽島物語」 監督:佐伯幸三 昭和32年 カラー
4.「喜劇 泥棒大家族 天下を盗る」 監督:坪島孝 昭和47年 カラー
5.「新・狐と狸」 監督:松林宗恵 昭和37年 カラー
6.「乱気流野郎」(『クレージーの花嫁と七人の仲間』改題再上映版)監督:番匠義彰 昭和37年 カラー
7.「極楽大一座 アチャラカ誕生」 監督:小田基義 昭和31年 白黒


5月22日(土)~28日(金)
「珍品喜劇コレクション」

喜劇映画数あれど、これぞ珍品!有名喜劇人の全盛時代に作られた“異色企画”をセレクション。伴淳と「オバQ」の夢の共演、坂本九のコメディアンとしての運動神経が活かされた痛快作、そして“あの”近江俊郎監督による脱力度ナンバーワンの珍作、日本を代表する喜劇人・森繁久彌のデビュー作など、理屈抜き、理屈なしの珍品喜劇のショーケース!

8.「喜劇 駅前漫画」 監督:佐伯幸三 昭和41年 カラー
9.「九ちゃんのでっかい夢」 監督:山田洋次 昭和42年 カラー
10.「カックン超特急」 監督:近江俊郎 昭和34年 白黒 *デジタル上映
11.「アジャパー天国」 監督:斎藤寅次郎 昭和28年 白黒 *デジタル上映
12.「腰抜け二刀流」 監督:並木鏡太郎 昭和25年 白黒 *デジタル上映
13.「正義だ!味方だ!全員集合!!」 監督:瀬川昌治 昭和50年 カラー
14.「喜劇役者たち 九八とゲイブル」 監督:瀬川昌治 昭和53年 カラー


5月29日(土)~6月4日(金)
「花も嵐も人情喜劇大会」

喜劇と悲劇は裏表、スラップスティックと適度なウエットさの同居するコメディの楽しさ。オフビートの川島雄三、松竹喜劇を牽引した山田洋次とハナ肇のパワフルなコンビ作、渡辺祐介のエネルギー、瀬川昌治のペーソス、前田陽一のドライさ、そして森崎東の重喜劇。それぞれの監督の持ち味が活かされた、昭和の人情喜劇のオンパレード!

15.「日本ゲリラ時代」 監督:渡辺祐介 昭和43年 カラー
16.「喜劇 男の泣きどころ」 監督:瀬川昌治 昭和48年 カラー
17.「馬鹿まるだし」 監督:山田洋次 昭和39年 カラー
18.「縞の背広の親分衆」 監督:川島雄三 昭和36年 カラー *ニュープリント
19.「喜劇 冠婚葬祭入門」 監督:前田陽一 昭和45年 カラー
20.「喜劇 男は愛嬌」 監督:森崎東 昭和45年 カラー
21.「西の王将 東の大将」 監督:古沢憲吾 昭和39年 カラー

6月5日(土)~6月11日(金)
「巨匠たちのお笑いバトル」

喜劇映画はプログラムピクチャーだけではない。日本映画史を彩る名匠たちが、独自の世界観で作り上げた異色の喜劇映画をセレクション。山本薩夫、市川崑、川島雄三、渋谷実、増村保造、野村芳太郎、そして豊田四郎。社会派から文芸作家まで、それぞれの作家の個性が光るコメディたち! 名匠と名優による堂々たる喜劇映画の系譜!

22.「にっぽん泥棒物語」 監督:山本薩夫 昭和40年 白黒
23.「ラッキーさん」 監督:市川崑 昭和27年 白黒 *デジタル上映
24.「人も歩けば」 監督:川島雄三 昭和35年 白黒
25.「酔っぱらい天国」 監督:渋谷実 昭和37年 白黒
26.「現代インチキ物語 騙し屋」 監督:増村保造 昭和39年 白黒
27.「拝啓天皇陛下様」 監督:野村芳太郎 昭和38年 カラー
28.「喜劇 陽気な未亡人」 監督:豊田四郎 昭和39年 カラー


6月12日(土)~6月18日(金)
「落語映画は花ざかり」

ニッポンの喜劇の原点は、なんといっても落語。落語映画には、落語ネタを映像化したもの、落語家が出演しているものなど、さまざまなバリエーションがある。エノケン、ロッパ、金語楼の「落語長屋」シリーズや、「居残り」「品川心中」などをベースにした『幕末太陽傳』などの定番から、「死神」をモチーフにした『幽霊繁盛記』など、落語好きには堪らないセレクション!

29.「幕末太陽傳」 監督:川島雄三 昭和32年 白黒
30.「運が良けりゃ」 監督:山田洋次 昭和41年 カラー
31.「幽霊繁盛記」 監督:佐伯幸三 昭和35年 白黒
32.「昭和元禄ハレンチ節」 監督:市村泰一、長谷部利朗 昭和43年 カラー
33.「「可否道」より なんじゃもんじゃ」 監督:井上和男 昭和38年 白黒
34.「春だドリフだ 全員集合!!」 監督:渡辺祐介 昭和46年 カラー
35.「金語楼の三等兵」 監督:曲谷守平 昭和34年 白黒 *デジタル上映 j 併映「大笑い大福帖」(「落語長屋は花ざかり」改題短縮版) 昭和29年 白黒

画像

"神保町シアター5月半ばから「喜劇映画パラダイス」!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント