「オトナの歌謡曲」第二十一回 夜明けのうた

「夜明けのうた」
作詞 岩谷時子 作曲 いずみたく
歌 岸洋子(1964年キングレコード)



我が国には「マイウェイ」の前に、この「夜明けのうた」がありました。いずみたくさんの「夜明けのうた」は、岸洋子さんの歌唱で、リリースされた瞬間からスタンダード化が約束されていた傑作です。僕らの世代は、音楽の教科書に既に「夜明けのうた」が載っており、はじめから「定番」として聞いたものです。

岸洋子さんは、山形県酒田市の生まれで、酒田東高校の時の同級生には俳優の成田三樹夫さんがおられたそうです。東京芸大を卒業して、二期会の研究生としてオペラ歌手を目指しますが、膠原病となり断念されたそうです。その病床で聴いた、エディット・ピアフのレコードに「生きる力」を与えられ、シャンソン歌手となります。昭和37(1962)年、キングレコードと契約、「たわむれないで」でデビュー。そして、昭和39年、岩谷時子さんと、いずみたくさんが書いたのがこの「夜明けのうた」です。



http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND4726/index.html

岸洋子さんの「夜明けのうた」は、一曲のなかに「人生そのものが凝縮されている」と当時評されたように、日本の新しい「人生讃歌」として、大ヒットしました。昭和39(1964)年のレコード大賞歌唱賞を受賞しました。


昭和40(1965)年、日活で映画化された、浅丘ルリ子さん主演の傑作『夜明けのうた』を観ると、この歌が、どのように受け入れられていたのかが、よくわかります。

脚本は山田信夫さん、監督は蔵原椎繕さん。そうです。石原裕次郎さんの『憎いあンちくしょう』(62年)のコンビです。浅丘ルリ子さん演ずるヒロインは典子。だから、この『夜明けのうた』は、『憎いあンちくしょう』とその姉妹編『何か面白いことないか』(63年)に続く、浅丘ルリ子さんの「典子三部作」の最終作なのです。石原裕次郎さんは出ておりませんが、作家の視点は、最初からヒロインの浅丘ルリ子さんに向けられていた、と考えれば納得です。



さて、この『夜明けのうた』の典子は、押しも押されぬミュージカル女優。奔放な私生活はとかくマスコミのネタになっていますが、彼女は我が道を往くわけです。で、作詞家の岡田真澄さんを不倫をし、エリートの医者・小高雄二さんというセックスパートナーがいても、どこか空しい。そんな彼女のために、プロデューサーと作家の小松方正さんたちは、彼女の私生活を赤裸々に綴ったミュージカル「夜明けのうた」を企画します。

自分自身をさらけだすミュージカルに戸惑い、その台本を読むことすらできない典子。彼女は自分と向き合うことができないのです。混乱する典子は、自棄になります。果たして、彼女は舞台に立つために、自分と向き合うことができるのでしょうか? という、日活映画らしい、アイデンティティの相克が、観念的に貫かれ、それを女優としてキラキラ輝いていた、最高に美しい浅丘ルリ子さんの肉体が演じるのです!

とにかく映画に酔う、映像に見惚れます。蔵原演出の良さ、山田脚本の良さ、そして浅丘ルリ子さんの良さ! 交通事故を起こしたルリ子さんが、おでこにバンソウコウを張るショットがあるのですが、これがイイ! 可愛いのです!

もちろん、岸洋子さんがご自身として、ナイトクラブのステージで「夜明けのうた」を歌うシーンもあります。日活映画がイイ、と思う瞬間は、例えばこのシーンです。岸洋子さんは自分のヒット曲「夜明けのうた」がミュージカル化されることを喜んで、その主演者である典子から花束を受け取ります。これも宣伝のために製作者が仕組んだ茶番であり、典子は欺瞞に満ちたこの花束贈呈に嫌気が差して(この時点では、主演するつもりはない、という気持ちなので)いるという状況のなか、岸洋子さんのステージが映画に登場するわけです。

歌謡映画なら、こんな失礼な話はないのですが、これもすべて、ヒロインの典子に仕掛けられたハードルなのです。このハードルを越えてこそ、真の「夜明けのうた」があるわけなのですから。で、何が感動的かというと、ラストに流れる「夜明けのうた」です。この映像を観るために、観る側のコンディションによっては息苦しい展開が、とても重要となってきます。ラストに約束されている、最高の「夜明けのうた」。僕は、どのヴァージョンよりも好きです。

でも、残念ながら『夜明けのうた』はDVD化されておりません。CSなどで放映される機会もありますので、チャンスがあれば是非!

これもまた「スタンダードナンバー~オトナの歌謡曲~」で歌われる予定です。

https://ticket.kyodotokyo.com/jigyo.do?jigyoBango=9Y27&unitCode=671

日本のポップスを確立した3人の作曲家、
中村八大・いずみたく・浜口庫之助の
名曲を歌い継ぐコンサート。

2009年11月24日(火)新宿文化センター大ホール
開場18:00 開演:18:30

出演:由紀さおり/遊佐未森/今野英明/バンバンバザール/土岐麻子/羊毛とおはな/中山うり/藤澤ノリマサ/中村中/阿部芙蓉美
演奏:鈴木総一朗
総合司会:柿木央久
画像

岸洋子ベストセレクション
キングレコード
2007-04-11
岸洋子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



私の青春のうた・ベスト「夜明けのうた」から「千の風になって」まで~鮫島有美子~
Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)
2008-03-19
鮫島有美子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






ユニバーサルJ 佐藤允彦トリオ・ウィズ・ラテン・リズム/夜明けのうた/魅惑のピアノ歌謡ヒットメロディー
ムラウチDVD
★ ユニバーサルJ 夜明けのうた/魅惑のピアノ歌謡ヒットメロ 佐藤允彦トリオ・ウィズ・ラテン・リズム

楽天市場 by ウェブリブログ

岸洋子/特選 歌カラベスト3 希望/夜明けのうた/酔いしれて(CD)
ぐるぐる王国 楽天市場店
■発売日:2003/10/1■在庫状況:1〜3日以内に発送致します(土日祝除く)※ご注文タイミングに

楽天市場 by ウェブリブログ

"「オトナの歌謡曲」第二十一回 夜明けのうた" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント