ひばりの誕生

ぼくは、SP盤を愛好するユニット「ぐらもくらぶ」の一員でもありますが、今週の土曜日に、神保町らくごカフェで、イベントに出演します。

公式サイトからのコピペです。
佐藤利明の与太話を聞いてやろう、という方、久しくお目にかかっていないが、一寸時間があるから顔を観に来よう、という方、
ぜひ、奮ってご参加ください。

「ぐらもくらぶ第4回イベント『ひばりの誕生』」
~ 独逸真空管アンプ・SP盤で聴く、美空ひばりのジャズ・ポップソング ~


今年は美空ひばり23回忌を迎え、また5月は誕生月でもあります。そこで先ごろ、世田谷パブリックシアターにて開催されました『“HIBARI7 DAYS”フィルム、トーク&ライブ!!』をふまえ、構成台本&司会をつとめました「ぐらもくらぶ」の佐藤利明氏、そして同じく「ぐらもくらぶ」の若干24歳にして美空ひばりの大ファンでもある小針侑起氏を迎え、今に生きる世代の視線を通して語っていただきます。
音源を聴きながら座談会形式によってあぶりだす「美空ひばりのルーツ」、そして「美空ひばりのジャズ・ポップソング」を独逸真空管アンプ・オリジナルSP盤によって再生される、味わい深くも生々しい音をご堪能ください。


出演:佐藤利明 (オトナの歌謡曲プロデューサー・娯楽映画研究家)
出演:小針侑起 (浅草オペラ研究家)
司会:保利 透 (戦前レコード文化研究家・ぐらもくらぶ事務局)


会場・神保町・らくごカフェ
千代田区神田神保町2-3 神田古書センター5階
地図 → http://goo.gl/maps/Cm7Y
2011年5月14日(土曜日) 19時00分~21時00分(18時45分開場)
入場料:2.000円 (終了後別途交流会予定あり)
※空席ありの場合は当日入場可能

予約方法
ぐらもくらぶ事務局→ gramoclub78@gmail.com
電話予約(らくごカフェ)→ 03-6268-9818(平日12時~18時)
(タイトル【ぐらもくらぶ5月】、本文に【お名前】【電話番号】【人数】【交流会参加可否】記載の上お送りください。予約完了後数日以内に返信メールいたします。また返信メールが迷惑メールとされてしまう場合がありますので、メールアドレスに携帯電話のアドレスを記載される場合は「gramoclub78@gmail.com」からのメールを受信拒否しないように設定をしておいてください。また、迷惑メールフォルダもご確認ください)

協賛:メタカンパニー・オフノート(CD販売コーナーあり)
関連復刻CD情報 「楽しき南洋 ~あきれたぼういず&川田義雄~」 好評発売中
「笑ふリズム ~ナンジャラホワーズ~」 好評発売中
「THATS 浪曲ショー/宮川左近ショー」 好評発売中
協力:森田富雄(独逸真空管研究家)
使用システム「アンプ:Koerting JKW42(昭和5年頃)」「スピーカー:Klangfilm KL42006(昭和13年頃)またはKlangfilm KLL9430(昭和15年頃)」
主催:ぐらもくらぶ事務局(いにしえ文庫内・03-6273-8158)

※「ぐらもくらぶ」とは
SPレコード時代の媒体を通じ、音楽・芸能・歴史・文化など様々な切り口を検証しつつ、皆で楽しもうと言う私設サークル。
メンバー:瀬川昌久・岡田則夫・佐藤利明・毛利眞人・保利透・小針侑起(敬称略)ほかサポートメンバー。
原則年2回程度イベントを開催予定。メンバー関連の出版・CD発売等がなされる際は可能な限り臨時開催をします。
メンバー以外にも多彩なゲストを迎え、新しい切り口のスポットを充てていきたいと思います。乞うご期待!


★オフィシャル的なモノ
http://d.hatena.ne.jp/polyfar/20100725
画像

LOVE! MISORA HIBARI JAZZ & STANDARD COMPLETE COLLECTION 1955-66
コロムビアミュージックエンタテインメント
2005-07-20
美空ひばり

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by LOVE! MISORA HIBARI JAZZ & STANDARD COMPLETE COLLECTION 1955-66 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

とても面白かったです
2011年05月15日 22:45
お二人の話が大変面白かったです。SPと真空管アンプの音が最高でしたね。
川田義雄・美空ひばりのすごさは、歌の転換のすごさだと思う。次から次へと歌の場面、主人公、カメラが転換してしまうすごさですね。どこから得たのでしょうか。勿論、映画ですが、同時に和歌だと私は思います。
『チャルメラ・ソバ屋』もすごかったですね。
このバックのカントリーバンドは、黒田美冶がリーダーのチャックワゴン・ボーイズで、日本テレビの『シャボン玉ホリデー』の井原高忠もメンバーだったそうで、あの曲の按摩笛のセンスは『シャボン玉』的ですね。
2011年05月16日 10:12
ご覧頂き、ありがとうございます。あのアンプで聴くと、本当に良い音で、ぼく自身も発見と感動の連続でした。「チャルメラそば屋」は日本のノヴェルティソングの極北でもあります。

今後とも宜しくお願いします。

この記事へのトラックバック