テーマ:クレイジーキャッツ

10月6日 代官山蔦屋書店で「クレイジー音楽大全」トークイベント開催!

2018年8月20日「スーダラ節」記念日に発売させて頂いた「クレイジー音楽大全 クレイジーキャッツ・サウンド・クロニクル」イベント、各地で開催してまいりました。 10月6日(土) 代官山蔦屋書店 音楽コーナーで、ジャズ・サックス奏者・稲垣次郎さんをお迎えして「クレイジーキャッツとジャズの時代」をテーマにトークを開催します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレイジー音楽大全 クレイジーキャッツ・サウンド・クロニクル

1961年8月20日、ハナ肇とクレイジーキャッツ、そして植木等さんにとってデビューシングル「スーダラ節」が東芝レコードから発売されました。その二ヶ月前に、日本テレビで「シャボン玉ホリデー」がスタート。クレイジーキャッツの黄金時代が幕開けをして、翌、1962年には東宝映画『ニッポン無責任時代』が封切られ、文字通り、無責任ブームが高…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

植木等ショー! クレージーTV大全(10月25日発売・洋泉社)詳細です。

さぁ、いよいよ出ます! 皆さん、どうぞ宜しくお願いします。 「植木等ショー! クレージーTV大全」佐藤利明・編著 洋泉社刊/2500円+税/A5版/ISBN978-4-86248-624-0 10月25日発売! 「植木等ショー」全エピソード紹介。詳細なデータ。植木等とクレイジーのTVバラエティ黄金時代時代を全検証! …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

植木等ショー! クレージーTV大全(10月25日発売・洋泉社)

今、鋭意作成中です。 240ページの単行本です。1997年の「無責任グラフィティ クレージー映画大全」(フィルムアート社)の13年ぶりの姉妹編です(遅いって!)。「植木等スーダラBOX」(TBS/ポニーキャニオン)の公式ガイドブックでもあります。2007年、植木さんの追悼番組に関わったときに、TBSで発見した「植木等ショー」をなん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

したコメ「クレージー・ナイト」と「植木等ショー」

第三回したまちコメディ映画祭、9月17日22時~上野東急2での「クレージーキャッツのクレージー・ナイト」大盛況でした。ご来場の皆さん、ありがとうございました。せいこうさんとのセッションは、2003年11月の江戸東京博物館「エノケン生誕100年」以来でありましたが、ほとんど「昨日のつづき」でした。あの時はPowerBook、今回はiPad…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甦る! 植木等ショー

というわけで、今朝のサンケイスポーツで、ドヒャーっと紹介されました 「TBS倉庫から発見!! 幻の映像 43年ぶりに甦る『植木等ショー』という見出しで、 現在、鋭意製作中のDVDボックス「植木等スーダラBOX」について、スパッと抜いていただきました。 http://www.sanspo.com/geino/news/10072…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

神保町シアター『乱気流野郎』(62年番匠義彰)

1962.04.15 『クレージーの花嫁と七人の仲間』改題再上映版『乱気流野郎』 東宝クレージー映画に先駆けて、松竹で作られた「クレージーの花嫁と七人の仲間」を、神保町シアターの喜劇映画パラダイスで観てきました。監督は、松竹でハイテンポ、ハイセンス、ハイテンションのコメディを手掛けてきた才人、番匠義彰さんです。松竹のドル箱「花嫁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神保町シアター 『喜劇 泥棒大家族 天下を盗る』(72年坪島孝)

神保町シアターでの「喜劇映画パラダイス」いよいよスタートしました。 今回の上映のセレクトとチラシやWEBなどでの解説を担当させていただいております。次号の映画秘宝(5月21日発売)では、「カックン映画超特急」と題して、これらのアチャラカ映画の魅力を、どーんと特集しておりますので、読んでください! そして5月23日(日)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君も出世ができる

この7月25日、東宝から「帰って来た東宝ゴクラク座」DVD-BOXがリリースされます(単品同時発売)。1964年に作られた早すぎた傑作『君も出世ができる』が満を持しての初DVD化です。この映画は、空前のミュージカルブームのなか、東宝がオリジナルのシネ・ミュージカルを作ろうと、藤本真澄プロデューサーが鳴り物入りで製作。須川栄三監督、井…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

東宝名車座「くたばれ!無責任」

 「若大将」「クレージー」「東京の暴れん坊」と、1960年代~80年代の映画に登場したクルマをトミカ・リミテッド・ヴィンテージにする、トミーテックの「名車座」シリーズ。  今月末発売のVOL.6は「クレージー作戦 くたばれ!無責任」に登場した「ハッスルコーラ」セールス用のダイハツミゼットです。これまでのシリーズと大きく異なるのは、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

植木等ショー

 この四月、TBSの特番をお手伝いしたときに、TBSに収蔵されている「植木等ショー」のタイトルをチェックさせていただいたら、かなりの数が保存されていることが判明しました。  加山雄三さんがゲストの回には、飯田蝶子さんもゲストで「無責任VS若大将」という夢の組み合わせでした。「クレージーキャッツ メモリアル」がきっかけとなり、こう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シャボン玉ホリデー

 12年前に発売されたLDボックス「クレージーキャッツ メモリアル」はまさに夢の箱でした。満を持して、この秋(11月23日)にDVD化されるというのは、勤労感謝の日だけに「はい、ゴクローさん」ということなのかも?  このボックスに収録される「シャボン玉ホリデー」などの番組データを何回かにわけてアップしておきます。個人用に作ったメモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャボン玉ホリデーと五武一勇さん

 11月23日に、クレイジーキャッツ・フリーク待望の「クレイジーキャッツ・メモリアル」がDVD化されることになりました。伝説の「シャボン玉ホリデー」を筆頭に、「おとなの漫画」「植木等ショー」などのクレイジーが出演した番組を集めた、レーザーディスクとVHSボックスが発売されたのは1995年のこと。  このソフトがリリースされたのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坪島孝監督の『だまされて貰います』

 東宝クレージー映画、クレージー作戦シリーズとしてはファイナルとなった『だまされて貰います』(71年)。映画が傾きかけて、歯止めが利かなくなっていた頃、それでも『クレージー黄金作戦』(67年)の夢よもう一度と、ハワイ・ホノルル、ニューヨークロケを敢行した、斜陽のなかの大作です。  脚本・田波靖男、監督・坪島孝コンビの『日本一のワル…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

虹の彼方に~哀悼 坪島孝監督

東宝クレージー映画のメイン監督のひとりである坪島孝監督が、12日お亡くなりになられました。代表作『クレージーだよ奇想天外』(66年)を観ればわかるように、ハリウッド喜劇がお好きで、作品にお人柄が出ておられます。植木等さんといえばパワフルな古澤憲吾作品にどうしても眼がいってしまいますが、坪島孝作品の魅力は谷啓さんとのコンビネーションと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CRAZY RHYTHM

 クレイジーキャッツのテーマでもある”CRAZY RHYTHM"は、ドリス・デイの『二人でお茶を』などのミュージカルでも使われているスタンダードですが、さきほど久々に『カサブランカ』(42年マイケル・カーティス)を観ていたら、開巻、リックの店でサムがピアノで弾いているメドレーのなかにあって、つい反応していしまいました(笑)  僕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレージー映画は何本?

 さきほど、とある方から「クレイジーキャッツ映画は何本ありますか?」と問い合わせがありました。普段、僕らはクレージー映画といえば、東宝クレージー映画、すなわち『ニッポン無責任時代』(62年)から『日本一のショック男』(71年)までの三十本をカウントしております。  では『喜劇・泥棒大家族 天下を盗る』(72年)はどうなるのか? と…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more