吉永小百合よみがえる歌声 この道は長いけど 歩きながらゆこう

画像


11月23日、吉永小百合さん自らが企画された、東日本大震災被災者応援CD「吉永小百合よみがえる歌声 この道は長いけど 歩きながらゆこう」が、ビクターエンターテインメントさんからリリースされます。このアルバムの曲解説と、制作のお手伝いをさせて頂きました。

吉永小百合さんのCDといえば、2008年に、日活音源を集成したCD「吉永小百合映画歌謡曲集」の監修と選曲をさせて頂きました。今回のアルバムは、小百合さん自ら「元気が出る曲」をコンセプトにセレクション。レコードのヒット曲だけでなく、日活時代に映画でしか歌っていない曲もセレクトされました。『青春のお通り』二部作の主題歌「若い風」や『私、違ってるかしら』の「太陽が真上に来るとき」、そして、『ひとりぼっちの二人だが』で坂本九さんとデュエットした「ユキと九太の人形劇」です。特に最後の「ユキと九太の人形劇」は、今回がCDパッケージとしては初めての収録です。日活の『上を向いて歩こう』DVDボックスの特典CDには収録されておりますが、いわゆるセルとしては初めてとなります。

このアルバムのブックレットには、当時のファンクラブ会誌から、貴重なショットを厳選してカラー収録してあり、デザインを拝見したときに、これはいい!と思いました。このアルバムでの小百合さんのすべての印税と売上の一部は、東日本大震災の支援金として寄付されるということです。

というわけで、単なるベストアルバムでも、いわゆるコンピレーションでもありません。2011年の吉永小百合さんが、自ら企画し、セレクトされたものです。

トラック1の「吉永小百合からの手紙」は、小百合さん自らがすべての人に向けて吹き込んだメッセージです。タイトルの「この道は長いけど 歩きながらゆこう」は、もちろん「勇気あるもの」の歌詞からの引用です。

曲目
1 ~吉永小百合からの手紙~  BGM:セレナーデ
2 寒い朝  with 和田弘とマヒナスターズ
3 いつでも夢を with 橋幸夫
4 風と樹と空と
5 太陽はいつも
6 泥だらけの純情
7 若い東京の屋根の下  with 橋幸夫
8 光る海
9 美しい暦
10 若い風 ※
11 太陽が真上に来るとき ※
12 ユキと九太の人形劇 with 坂本九 ※
13 ねむの木の子守歌
14 娘たちはいま
15 恋人たち withトニーズ
16 みんなで行こう
17 明日は咲こう花咲こう  with 三田明 
18 勇気あるもの  withトニーズ
              ※は日活音源


11月23日には、小百合さんが手渡し会を行うと、昨日、ニュースでも報じられていました。http://www.oricon.co.jp/news/music/2003609/full/
この道は長いけど 歩きながらゆこう~吉永小百合ハートフルソングス~
ビクターエンタテインメント
2011-11-23
吉永小百合

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by この道は長いけど 歩きながらゆこう~吉永小百合ハートフルソングス~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ぶっちょ
2011年11月18日 22:26
昭和29年生まれです。「勇気あるもの」この曲は中学一年生の時クラスの歌として用いられ、思い出がたくさん詰まっております。
沖縄県久米島の小さな島ですが、ご本人様とクラスで一緒にお会いできると良いですね。叶わぬ夢ですが午年に60歳を迎えます。
吉永小百合さん、いつまでもお元気で!

この記事へのトラックバック