乾杯!ごきげんトーク

4月4日神保町シアターでの「ニッポンミュージカル時代」での、『乾杯!ごきげん野郎』上映後の、瀬川昌治監督とのトークショー、沢山のお客さまに足をお運びいただきました。ご来場してくださった皆様、どうもありがとうございます!

僕は、映画館の方と打ち合せがあったので、早めに神保町へ着いたのですが、1時間前に劇場に列ができていたので、感激しました。打ち合せを終えて、劇場に、瀬川監督とともに入ると、ロビーには”バスの牛山”役の世志凡太さんがおいでになっていて、監督にご紹介いただきました。今回の上映では『嵐を呼ぶ楽団』『若い季節』にもお出になっています。

そして監督とともに、『乾杯!ごきげん野郎』を拝見。何度観てもシアワセになる、心温まる音楽映画の快作です。巻頭の鹿児島の養鶏場のシーンには、エノケン一座の名傍役だった中村是好さんが出演。卵の選別装置の機械は、斎藤寅次郎映画でおなじみの「無駄骨装置」の匂いがします(笑)

そこで働いている四人の若者、梅宮辰夫さん、今井俊二(健二)さん、南廣さん、世志凡太さんは、失業を機に、一念発起、得意のコーラスで身を立てようと、東京へ! ヒッチハイク、無賃乗車などをしながら東上していくプロセスは、パラマウントの「珍道中」シリーズのノリ。

尾道~岡山~大阪のロケも利いています。

というわけで、東京にやってきた”リズム・ジョーカーズ”の奮闘ぶりは、60年安保後のイケイケムードのなか、徹底した無責任ぶりで描かれていきます。彼らが参加したコンテストのゲストとして、劇中の人気アイドル・三田佳子さんが登場。このコンテストにミサイル川田なる歌手が出てくるのですが、大泉あきらさんの格好、「ハレンチ学園」のヒゲゴジラそのもの!(笑)

ヒロインに激をとばされて、芸能界に食い込もうとする様は、なかなかマンガチックでイイです。で、最終的に芸能界の大立て者のエノケンさんに、取り入る様がおかしいのですが、それは観てのお楽しみ。

主題歌「幸せはどこに」は。音楽を担当した名手・松井八郎さんの傑作で、一度聴いたら、耳を離れません! 松井さんは「社長シリーズ」も手がけておられる、プログラムピクチャーの音楽作家でもあります。その息子さんが音楽業界におられていて、例の「吉永小百合映画歌謡曲集」の企画は、最初松井さんのジュニアに提出したものでした。

さて、上映後、幸せな気分につつまれながら、トークの開始です。瀬川監督との対話は、いつもながらに楽しいものでした。ご覧になった方からの詳細なレポート、お待ちしております。

と書いたところで「ミニシアターに行こう」サイトで、当日の模様が紹介されていました。

http://mini-theater.com/?p=3704

ここで、僕の発言で「エノケンさんは最初はジャズシンガー」とありますが「最初のジャズシンガー」ですので、お間違いなきよう(笑)

そしてキャストの話になり、客席の世志凡太さんをご紹介させていただき、そのまま壇上に上がっていただき、そこからは三人でトークとなりました。世志さんは、原信夫とシャープ&フラッツのご出身で、ジャズマンです。というわけで、話題は自ずと、映画に特別出演のトニー・スコットさんの話に。瀬川監督のお兄様で、僕もいつもお世話になっている、ジャズ評論家の瀬川昌久先生の関係でのトニーさんの出演となったわけです。

バディ・リッチさんなどとセッションしていたトニーさんは、この頃、日本在住でした。チャーリー・パーカーの伝道師として、日本のジャズファンにも広く知られている、モダン・サキソフォンの名手です。

この映画には他にも、ドドンパ娘こと渡辺マリさん、松島アキラさんも出演されています。

で、トークでは、キャストの話になって、今井健二さんのことを「西部警察」第一話「無防備都市」のテロリスト役で、と、とっさに紹介(あと、石原裕次郎さんの『男の世界』の悪役とか)してしまい、客席のリアクションがあって良かったです。もちろん南廣さんは「ウルトラセブン」のステーションV3のクラタ隊長と(笑)

さすがに、最後の特急霧島の自衛官に「ジャイアントロボ」の東支部長がいたとか、屋上で訓練する警官のリーダーに「悪魔くん」の二代目メフィストとか、とは言及しませんでしたが(笑)

というわけで、予定の時間はあっという間に過ぎて、トークは終了、と相成りました。司会をつとめさせていただきながら、とても幸福な気分で過ごせたのも、瀬川監督、そして瀬川映画、世志凡太さんのおかげです。そして何より、映画を楽しんでくださって、トークを聴いていただいたお客様のおかげです。

というわけで、また、機会を作っていただけるなら、こうした映画館でのトークセッションをさせていただきたい、と思う、春の一日でした。

三枚目は、帰路に空を見上げたら、『名探偵コナン 天空の難破船』の飛行船のモデルとなったツェッペリン号をカミさんが発見、神保町上空を飛行船が飛んでいる! なんて間がいいんでしょう! こちらの映画も、劇場用パンフレットを担当しておりますので、どうぞよろしくお願いします!

画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック