「オトナの歌謡曲」第五回 花と小父さん

「花と小父さん」
作詞・作曲 浜口庫之助
歌 伊東きよ子
1967年 CBSコロムビア



ハマクラさんのリリカルさが一番出ている傑作です。
オリジナルシンガーは、植木等さん。LP「ハイ、およびです!」(67年)のための書き下ろしです。テレビ「植木等ショー」では、池田ミマコさん(木の実ナナさんの妹)と歌ったりと、無責任ソングとは対極にあるハートウォーミングな曲として、植木さんの愛唱歌の一つとなりました。シングルカットされませんでした。

というわけで、シングルとしては渡辺プロ女性歌手のひとり、伊東きよ子さんのヴァージョンとして大ヒットしました。クレージー映画ファンには『日本一の男の中の男』の♪パラランショーでおなじみです。さて、この「花と小父さん」は、「バラが咲いた」で日本中を席巻したハマクラさんの「花」をモチーフにしたセンチメンタルな曲です。

シングルはハマクラさんの編曲ですが、伊東きよ子さんとザ・ハプニングスフォー(チト&クニ河内兄弟の!)によるアルバム「花のマドンナ/伊藤きよ子とザ・ハプニングス・フォー」では、クニ河内さんのアレンジ版が楽しめます。

http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND3661/index.html

さまざまな方がカヴァーしておりますが、僕の世代ではやっぱり、藍美代子さんです!



1990年1月放送のドラマ「男と女のミステリー 花と小父さん」(CX)で主演の畠田理恵さんが主題歌として歌ったり、桑田佳祐が「昭和の名曲」として歌ったり、さまざまなヴァージョンが、さまざまな世代に愛されてきました。
植木さんは1991年のアルバム「スーダラ伝説」のなかでセルフカヴァーしており、MBSの「植木等デラックス」でも歌ってました。

さらに、植木さんの実質的には最後のオリジナル・アルバムとなった1995年の「植木等的音楽」では、再々カヴァー、裕木奈江さんとデュエットをしております。

植木さんと同時代に活躍した、藤田まことさんと、我らが由紀さおりさんのデュエット映像もありました。




これもまた「スタンダードナンバー~オトナの歌謡曲~」で歌われる予定です。

https://ticket.kyodotokyo.com/jigyo.do?jigyoBango=9Y27&unitCode=671

日本のポップスを確立した3人の作曲家、
中村八大・いずみたく・浜口庫之助の
名曲を歌い継ぐコンサート。

2009年11月24日(火)新宿文化センター大ホール
開場18:00 開演:18:30

出演:由紀さおり/遊佐未森/今野英明/バンバンバザール/土岐麻子/羊毛とおはな/中山うり/藤澤ノリマサ/中村中/阿部芙蓉美
演奏:鈴木総一朗
総合司会:柿木央久
画像
画像

ハイおよびです!!(紙ジャケット仕様)
EMIミュージック・ジャパン
2008-10-22
植木等

ユーザレビュー:
およびでない? いえ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



植木等的音楽
ファンハウス
1995-07-15
植木等

ユーザレビュー:
とにかく良いです録音 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

元ネタ
2009年11月29日 13:14
この曲、「ペーパームーン」をマイナーにしただけと思うのは私だけでしょうか?

この記事へのトラックバック