「オトナの歌謡曲」第二回 愛して愛して愛しちゃったのよ

「愛して愛して愛しちゃったのよ」
作詞・作曲 浜口庫之助  1966年 ビクター
歌 和田弘とマヒナスターズ、田代美代子



いやぁ、懐かしいですね。昭和38(1963)年に東京で生まれ、物心ついたときには、公団住宅の3DKに一家四人で、いわゆる現代的な生活をしていたボクが、三歳の時のヒット曲です。「♪ララランラン~」というフレーズを、団地に配達にきてくれる酒屋のお兄ちゃんが歌っているのを覚えています。その頃、幼児教室という保育所に通っていたボクは、この歌をよく友だちを歌って、先生に「おマセね」と云われていたようで、母から聞いたことがあります(笑)

さて、マヒナといえば吉田正メロディー、ですが、この曲は、我らがハマクラさんの「フレーズ」ソングの傑作です。「愛しちゃったのよ~ララランラン~」。ここです。これが気持ち良いんですね。歌詞がシンプルで、ひたすらに「愛しちゃった」気持ちをホンワカ歌っているわけです。特に「生きているのが~」からの転調部分、これがイイんですよ。老若男女の「これイイ」気持ちをわしづかみにしてくれるわけです。

これが歌詞です。
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND36/index.html

これが大流行したことは、日活ですぐに歌謡映画化『愛して愛して愛しちゃったのよ』(66年2月5日公開)していることでもわかります。浜田光夫さん、山本陽子さん、そして浜川智子さん! による、青春映画です。田代美代子さんとマヒナがタップリ歌ってくれます。

でも、ボクはこの「愛して愛して愛しちゃったのよ」というと、まず、渥美清さんの「♪ララランラン~」という名調子を思い出します。加山雄三さん主演、石坂洋次郎原作の『何処へ』(66年3月16日公開・佐伯幸三監督)で、渥美清さんが体育教師・野口長太郎という役を演じておられてます。この野口先生、明朗快活なのですが、体罰容認派。そのことで騒動が起こるのですが、野口先生がいつも「愛して愛して愛しちゃったのよ」を口ずさんでいるのです。あの、スーとした高音で「♪ララランラン~」と歌う渥美さんの声が素晴らしいのです。でも、野口先生、この歌を全部覚えているわけではなく、サビの部分を繰り返しているわけです。確か加山さんも釣られて歌う、という展開でもありました。

この歌、今の人たちには、オリジナルよりも、サザンオールスターズの原由子さんがカヴァーしているヴァージョンの方が耳馴染みかもしれません。これぞ歌謡曲! という感じで、サザンのコンサートで心地よく聞いた人も多いでしょう。男性パートを桑田さんがコーラスしていく展開も良かったです。

というわけで、 スタンダードナンバー~オトナの歌謡曲~では、この歌、どなたが歌ってくれるのでしょうか? 個人的には、「三木鶏郎トリビュート Swing With TORIRO」コンサートのように、今野英明くんや遊佐未森さんたちが皆で歌ってくれるのではないかと、踏んでおります(笑)

「スタンダードナンバー~オトナの歌謡曲~」
日本のポップスを確立した3人の作曲家、
中村八大・いずみたく・浜口庫之助の
名曲を歌い継ぐコンサート。

2009年11月24日(火)新宿文化センター大ホール
開場18:00 開演:18:30

出演:由紀さおり/遊佐未森/今野英明/バンバンバザール/土岐麻子/羊毛とおはな/中山うり/藤澤ノリマサ/中村中/阿部芙蓉美
演奏:鈴木総一朗
総合司会:柿木央久
https://ticket.kyodotokyo.com/jigyo.do?jigyoBango=9Y27&unitCode=671
愛して愛して愛しちゃったのよ
ビクターエンタテインメント
2006-01-21
田代美代子,松尾和子,多摩幸子 和田弘とマヒナスターズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



愛して愛して愛しちゃったのよ
ビクターエンタテインメント
1998-02-25
原由子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



愛して愛して愛しちゃったのよ
テイチク
2004-08-25
奥村チヨ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック