アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「娯楽映画」のブログ記事

みんなの「娯楽映画」ブログ

タイトル 日 時
寅さんクラシックコンサート
1月30日、越前市で開催された「男はつらいよ 寅さんクラシックコンサート」のセットリストと、当日配布のために書き下ろした曲目解説です。諸事情で、セットリストが配布されなかったので、こちらにアップしておきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/30 17:31
第9回江東シネマフェスティバルに出演します。
1月9日から始まる古石場文化センターでの「江東シネマフェスティバル」三日連続で登壇します。9日は、15時15分からロビートーク「伝説の女優 原節子」を務めさせて頂きます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/07 10:31
男はつらいよ 寅次郎音楽旅〜寅さんのことば
男はつらいよ 寅次郎音楽旅〜寅さんのことば 東京新聞・中日新聞刊の拙著「寅さんのことば 風の吹くまま 気の向くまま」がCD化されます! 「寅次郎音楽旅」シリーズ第四弾! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/03/12 17:10
「寅さんのことば 風の吹くまま 気の向くまま」1月23日刊行です
「寅さんのことば 風の吹くまま 気の向くまま」1月23日刊行です 明けましておめでとうございます。 すっかりご無沙汰のこのブログですが、どうぞ、今年もよろしくお願い申し上げます。 ご無沙汰なのは、2011年4月よりスタートした文化放送「みんなの寅さん」公式ホームページにて、毎週、「男はつらいよ」についてのコラムを毎週掲載させて頂いているから、でもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/01/02 20:54
新刊「最後のクレイジー 犬塚弘 ホンダラ一代、ここにあり!」(講談社)
新刊「最後のクレイジー 犬塚弘 ホンダラ一代、ここにあり!」(講談社) 「最後のクレイジー 犬塚弘 ホンダラ一代、ここにあり!」(犬塚弘+佐藤利明 講談社刊) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/19 11:27
銀座シネパトス 新春!”みんなの寅さん”まつり
銀座シネパトス 新春!”みんなの寅さん”まつり 東京銀座の三原橋にある銀座シネパトスが来年3月末日で閉館となります。映画ファンとしては残念ですが、その最後のお正月に、最後のフィルム上映となるかもしれない「男はつらいよ」を中心とした山田洋次監督特集を組ませて頂く事になりました。この夏に京都南座で行われた「山田洋次の軌跡」ではフィルムによる全作品上映が多くのファンにご覧頂いて、話題となりました。東京でも連続上映してほしいと思っていたところ、シネパトスの鈴木支配人からご相談を受けて、この二ヶ月間、準備をしてきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 1

2012/11/17 11:24
男はつらいよ×徳永英明 新・寅次郎音楽旅 いよいよリリースです!
男はつらいよ×徳永英明 新・寅次郎音楽旅 いよいよリリースです! 文化放送「みんなの寅さん」は、昨年4月にスタートして415回を越えました。毎日「ラジオで聴く寅さん」をコンセプトに多くのリスナーの方、寅さんファンの皆様にご愛聴頂いております。今年も、この番組がきっかけで、CDが誕生しました。11月21日発売「男はつらいよ×徳永英明 新・寅次郎音楽旅」(ユニバーサル ミュージック)です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/17 11:03
日活100年101映画〜娯楽映画の黄金時代〜
日活100年101映画〜娯楽映画の黄金時代〜 日活100年101映画〜娯楽映画の黄金時代〜 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/09/29 22:06
寅さん・森繁・ドリフでこの夏も乗り切ろう!(8月〜9月の予定)
寅さん・森繁・ドリフでこの夏も乗り切ろう!(8月〜9月の予定) ☆文化放送「みんなの寅さん」は今週末でおかげさまで360回を迎えました。公式サイトで、毎週コラムを連載しております。コラムといっても、毎回、一作品ずつとりあげ、改めて作品を観直して、論考というほどのものではありませんが、いろいろと書かせて頂いております。ラジオは毎週月〜金 吉田照美のソコダイジナトコのなかで、8時13分頃からのオンエアです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/25 10:42
池袋コミニュティカレッジ 喜劇と映画 講座のご案内です
池袋コミニュティカレッジ 喜劇と映画 講座のご案内です 5月26日(土曜日)から、池袋西武百貨店のなかにある池袋コミニュティカレッジで、佐藤利明による「喜劇と映画」講座がスタートします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/05/14 11:12
木下惠介監督 連続ツイート
木下惠介監督 連続ツイート 今年は木下惠介監督生誕100周年 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/06 10:57
春らんまん「みんなの寅さん」3時間スペシャル
春らんまん「みんなの寅さん」3時間スペシャル 昨年4月よりスタートした、文化放送「みんなの寅さん」、おかげさまで二年目を迎え、ネット局も4局に増えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/12 16:20
日活100年「拳銃無頼帖」コンプリート DVD-BOX
日活100年「拳銃無頼帖」コンプリート DVD-BOX 2012年は日活100年ということで、この10月から日活映画DVDが続々と、リリース、リーシューされています。ぼくも2002年から、数多くの日活作品のソフト化のお手伝い、解説執筆を手掛けてきました。この12月2日には、日活アクションのマイルストンとなった、トニーこと赤木圭一郎さんの『拳銃無頼帖』シリーズ全4作を収録したDVDボックスがリリースとなりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/12/03 11:34
九ちゃんにあいましょう!
九ちゃんにあいましょう! イベント当日の模様が朝日新聞と東京新聞で報じられました。 http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000001111210001 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/18 10:21
山田洋次監督×小津安二郎監督×新派
山田洋次監督×小津安二郎監督×新派 11月16日、東京は江戸川のほとり、葛飾柴又で山田洋次監督が、来春一月に演出される舞台「東京物語」のヒット祈願のお練り、記者会見が行われました。ちょうど監督との打ち合わせもあり、兼ねてから新派好きの僕としては、ぜひともと、取材をさせていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/18 00:05
CD「男はつらいよ 続・寅次郎音楽旅〜みんなの寅さん〜」完成しました!
CD「男はつらいよ 続・寅次郎音楽旅〜みんなの寅さん〜」完成しました! 文化放送「みんなの寅さん」からCD「男はつらいよ 続・寅次郎音楽旅〜みんなの寅さん〜」(SHOCHIKU RECORDS)が誕生! 11月23日にリリースされることになりました! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 1

2011/11/04 13:06
浜田光夫さんトークライブに出演します。
浜田光夫さんトークライブに出演します。 スタジオジブリの映画『コクリコ坂から』で、再び注目を集めている日活青春映画。その時代を牽引していった、吉永小百合さんとの「純愛コンビ」で知られる、永遠の青春スター、映画俳優の浜田光夫さんが、9月7日に横浜の関内小ホールで「五十周年記念 浜田光夫トークライブ」を開催されることになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/23 11:37
『コクリコ坂から』と日活青春映画 関連番組のご案内です
『コクリコ坂から』と日活青春映画 関連番組のご案内です 先週、日活の担当者から連絡がありました。 というわけで、今日、7月31日、23時からTOKYO FMの「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」にゲスト出演した回がオンエアされるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/31 12:07
『コクリコ坂から』は日活青春映画の最新作です!
『コクリコ坂から』は日活青春映画の最新作です! さきほど、スタジオジブリのS君が来訪。ジブリの冊子「熱風」の打合せだったのですが、その時に「鈴木敏夫さんが、文藝春秋に佐藤さんのことを書いてます」と伺って、駅ビルの本屋へ(笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/13 18:00
美空ひばりフィルムフェスティバル
美空ひばりフィルムフェスティバル 今年は美空ひばりさんの23回忌の年でもあります。ぼくもオトナの歌謡曲プロジェクトの一環として、2月には世田谷パブリックシアターの「HIBARI 7 DAYS」の構成や司会を担当してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/29 16:51
4月10日文化放送「浜美枝のいつかあなたと」に出演します
4月10日文化放送「浜美枝のいつかあなたと」に出演します 4月10日 午前10時30分〜11時の文化放送「浜美枝のいつかあなたと」にゲスト出演させていただきます。というか録音は先日行いましたので、ゲスト出演しました、です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/08 19:02
今年も宜しくお願いします。トークイベントのお知らせです。
今年も宜しくお願いします。トークイベントのお知らせです。 さて、1月9日と15日、それぞれトークイベントをすることになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/06 15:42
新春!喜劇映画デラックス
新春!喜劇映画デラックス 昭和のお正月、映画館には 喜劇映画の明るい笑いがこだましていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/24 11:00
植木等ショー! クレージーTV大全(10月25日発売・洋泉社)詳細です。
植木等ショー! クレージーTV大全(10月25日発売・洋泉社)詳細です。 さぁ、いよいよ出ます! 皆さん、どうぞ宜しくお願いします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/10/12 11:29
娯楽映画研究の成果、怒涛のリリースです!
娯楽映画研究の成果、怒涛のリリースです! というわけで、10月から11月にかけて、怒涛の放映&リリース・ラッシュです。いずれも長年の研究成果の発表と、情熱の発露ですので、皆さん、宜しくお願いします。斎藤寅次郎監督、森繁久彌さん、あきれたぼういず、植木等さん、芦川いづみさん・・・いずれも娯楽映画研究の成果です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/09 12:28
CD「森繁久彌 歌の旅 映画の人生」ただいま制作中!
CD「森繁久彌 歌の旅 映画の人生」ただいま制作中! 森繁さんのCDの話題です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/25 22:32
松林監督一周忌上映会『人間魚雷回天』
松林監督一周忌上映会『人間魚雷回天』 明日、8月15日、終戦の日は、『人間魚雷回天』『太平洋の嵐』『連合艦隊』などを手がけられた、松林宗恵監督の命日でもあります。ご存知の方も多いと思いますが、僕はこの十数年、『太平洋の嵐』DVDのコメンタリーなど、たびたび、松林監督とご一緒させていただく機会があり、個人的にも随分とお世話になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/08/14 13:13
甦る! 植木等ショー
甦る! 植木等ショー というわけで、今朝のサンケイスポーツで、ドヒャーっと紹介されました 「TBS倉庫から発見!! 幻の映像 43年ぶりに甦る『植木等ショー』という見出しで、 現在、鋭意製作中のDVDボックス「植木等スーダラBOX」について、スパッと抜いていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/07/26 13:20
瀬川昌治監督の最新舞台「紅弁天部隊上海へ行く」
瀬川昌治監督の最新舞台「紅弁天部隊上海へ行く」 瀬川昌治監督は、東映で谷啓さんの『図々しい奴』二部作、『喜劇競馬必勝法』三部作、そして渥美清さんの『喜劇列車シリーズ』三部作、そして松竹でのフランキー堺さんの『喜劇旅行シリーズ』十一作を手がけた、喜劇作家です。僕は子供の頃から、瀬川喜劇に夢中で、ことごとくそれらの作品について原稿を書いたり、語ったりしてきました。映画祭や映画館でのトークのお相手もずいぶんとつとめさせて頂いてきました。斎藤寅次郎監督の助監督だった時のこと、師匠・松林宗恵監督とのお話など、瀬川監督のトークは、映画史を生きて来た方なら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/10 10:48
イベント告知 戦前ナンセンスソングの系譜
イベント告知 戦前ナンセンスソングの系譜 7月24日(土)次のようなイベントに出演します。 宜しければ、ご参加ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/30 10:17
『落語長屋は花ざかり』を観た!
『落語長屋は花ざかり』を観た!  神保町シアター「喜劇映画パラダイス」最終日に、ようやく念願の『落語長屋は花ざかり』(54年)改題再上映版『お笑い大福帳』を観ることができました。この映画、ずっと東宝にプリントがないということで、名画座での上映、CSでの放映が叶わなかった「幻の作品」です。2003年、エノケン生誕100年を記念して、当時の東芝EMIで制作させていただいたCD「エノケンMEETSトリロー」のときにも、この映画がなく、『落語長屋は花ざかり』『夏祭り落語長屋』と『落語長屋のお化け騒動』の音楽テープ(三木鶏郎先生が保存さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/18 23:55
三田佳子さん、瀬川昌治監督とトークショーをします!
三田佳子さん、瀬川昌治監督とトークショーをします! 6月5日 瀬川昌治監督の『次郎長社長と石松社員』(61年東映)と『山麓』(62年東映)の上映と、『山麓』主演の三田佳子さん、瀬川監督のトークショーがあります。佐藤利明がこのトークイベントの進行をつとめさせていただくことになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/01 10:03
神保町シアター『喜劇 駅前漫画』(1966年佐伯幸三)
神保町シアター『喜劇 駅前漫画』(1966年佐伯幸三) 1966.04.28 喜劇 駅前漫画 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/05/25 00:36
神保町シアター トークイベント満員御礼
神保町シアター トークイベント満員御礼 神保町シアターの「喜劇映画パラダイス」。先ほど『喜劇役者たち 九八とゲイブル』上映後に、瀬川昌治監督、ギャグ・アドバイザーの「面白グループ」の高平哲郎さんをゲストにお迎えしてのトークイベントの司会進行をつとめさせていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/24 10:24
神保町シアター『腰抜け二刀流』(50年並木鏡太郎)
神保町シアター『腰抜け二刀流』(50年並木鏡太郎) 1950.09.26 腰抜け二刀流  佐藤プロ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/23 01:17
5月23日(日)神保町シアターでトークします
5月23日(日)神保町シアターでトークします トークイベントの告知です ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/22 11:32
神保町シアター『乱気流野郎』(62年番匠義彰)
1962.04.15 『クレージーの花嫁と七人の仲間』改題再上映版『乱気流野郎』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/21 23:08
神保町シアター 『喜劇 泥棒大家族 天下を盗る』(72年坪島孝)
神保町シアター 『喜劇 泥棒大家族 天下を盗る』(72年坪島孝) 神保町シアターでの「喜劇映画パラダイス」いよいよスタートしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/18 10:50
神保町シアター5月半ばから「喜劇映画パラダイス」!
神保町シアター5月半ばから「喜劇映画パラダイス」! 5月の神保町シアターは、カックン映画の大特集! 戦後のアチャラカ映画をどどーんと集めたセレクションです。プログラム編成のお手伝いと、チラシの解説原稿を担当させていただいてます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/24 14:55
神保町シアター「喜劇映画パラダイス」
神保町シアター「喜劇映画パラダイス」 というわけで、神保町シアターのプログラム編成をお手伝いしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/18 02:11
乾杯!ごきげんトーク
乾杯!ごきげんトーク 4月4日神保町シアターでの「ニッポンミュージカル時代」での、『乾杯!ごきげん野郎』上映後の、瀬川昌治監督とのトークショー、沢山のお客さまに足をお運びいただきました。ご来場してくださった皆様、どうもありがとうございます! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/06 23:30
4月4日 神保町シアターで
4月4日 神保町シアターで 本日より、神保町シアターでスタートした『ニッポンミュージカル時代』 明日、4月4日午前11時からの『乾杯!ごきげん野郎』(1961年ニュー東映)上映後に、瀬川昌治監督とトークをさせていただきます。天気も良さそうなので、九段の花見がてら、いかがでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/03 18:31
ニッポンミュージカル時代 ラインナップ
ニッポンミュージカル時代 ラインナップ ♪ピンクタイツ タイツはピンク〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/21 13:22
THAT'S NIPPON MUSICAL!!!
THAT'S NIPPON MUSICAL!!! というわけで、4月神保町シアター「ニッポンミュージカル時代」が始まります。ニッポンミュージカルの世界とともに、ん十年。私もご協力させていただいております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/14 11:46
皆様へのお願い
思う所があり、これまでの自分の仕事を総括しようと思っております。それにつきまして、皆様にお願いがあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/09 13:19
井上梅次監督
井上梅次監督  井上梅次監督がお亡くなりになったとのこと。突然の訃報で、本当に驚いております。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/16 00:01
2月27日 川地民夫さんとザ・グリソム・ギャングで
2月27日 川地民夫さんとザ・グリソム・ギャングで 2月27日ザ・グリソム・ギャングで 『花と怒涛』の上映後、川地民夫さんのトークの聞き手を仰せつかりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/29 13:15
衛星劇場 私の寅さん 放映リスト
衛星劇場 私の寅さん 放映リスト ときどきお問い合わせがありますので、ここにアップしておきます。 ワタクシがホストをつとめている、衛星劇場「私の寅さん」は、映画『男はつらいよ』シリーズに関わった、スタッフ、キャストの方を、毎月お一人ずつゲストにお呼びして、いろいろなお話を伺っていく、インタビュー番組です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/28 11:41
釣りバカ日誌20 ファイナル
釣りバカ日誌20 ファイナル http://www.tsuribaka-movie.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/12/26 01:41
クリント・イーストウッドが語る ワーナー映画の歴史
クリント・イーストウッドが語る ワーナー映画の歴史  10月7日に、タワーレコード30周年記念として、リリースされるワーナーホームビデオのDVD「クリント・イーストウッドが語る ワーナー映画の歴史」の監修とブックレットの執筆させていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/06 13:45
近況です。
近況です。真面目に働いています(笑) 皆様のご支援あっての、ワタクシの毎日ですので、宜しくお願いします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/16 21:43
花祭り底抜け千一夜(1954年新東宝)
斎藤寅次郎監督の1954年のアチャラカ喜劇です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/14 11:10
昭和キネマ歌謡館〜銀幕の二人・デュエット篇〜
というわけで、選曲・監修・解説をさせていただいたコロムビアさんの通販限定CDボックス「昭和キネマ歌謡館〜銀幕の二人・デュエット篇〜」がいよいよ7月30日にリリースされます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2009/07/28 12:07
御前様のお嬢さんと対談
今日は、日食デーでしたが、東京葛飾柴又帝釈天で、衛星劇場「私の寅さん」10月放送分の収録がありました。今回のゲストは、1969年8月27日公開の『男はつらいよ』第一作で、御前様こと日奏上人のお嬢様、坪内冬子さんを演じられた、光本幸子さんです。昨年4月からスタートした、衛星劇場のインタビュー番組「私の寅さん」ですが、いよいよマドンナの方にもご登場いただくことになりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/07/22 21:12
長谷部安春監督
突然の訃報にただただ驚いております。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/06/20 18:03
石原裕次郎ゴールデン・トレジャー〜日活映画大全〜 ギネス申請ですと!
今、制作たけなわの「石原裕次郎ゴールデン・トレジャー〜日活映画大全〜」。一人のスターの映画を90作品収録したDVDソフトは初! ということで、日活が申請していると、本日のスポーツ報知で報道されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/08 23:13
八千草薫さんとの対談
衛星劇場さんの番組収録で、先日、都内某所で八千草薫さんと二時間、対談をさせていただきました。新作『ガマの油』『ディア・ドクター』の公開を控えて、現役の大女優としてご活躍中の八千草さんですが、僕はご主人の谷口千吉監督にお世話になっていたこともあり、十数年前からのおつきあいです。これまでも東宝DVD『ガス人間第一号』(本多猪四郎監督)のオーディオ・コメンタリーをお願いして、ご快諾いただいたり、映画祭でのトークなど、八千草さんとはたびたび、ご一緒させていただいてきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/26 12:41
ライオンが吼える時 intoxicteに原稿を書きました。
えー、タワーレコードさんから、フリーペーパーの「intoxicate #79」が届きました。表紙が『アニー・ホール』のウディ・アレンさんとダイアン・キートンさんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/24 10:27
舛田利雄監督×村川透監督 座談会
ただいま製作まっただなかの、「石原裕次郎 ゴールデン・トレジャー〜日活映画大全〜」の映像特典収録が、本日、日活映画ゆかりの地、調布で行われました。かつて「鬼の舛田組」と呼ばれ、助監督たちの伝説となった、舛田利雄監督の現場について、1960年代後半の舛田組をチーフとして支えた村川透監督、そして舛田監督ご自身にタップリとお話をしていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/04/15 21:46
石原裕次郎ゴールデン・トレジャー〜日活映画大全〜
この7月、23回忌を迎える、永遠のスター"石原裕次郎”。1956(昭和31)年、兄・石原慎太郎原作の『太陽の季節』(古川卓巳監督)の端役で銀幕デビューを果たし、続く『狂った果実』(中平康監督)で初主演。1957(昭和32)年の『俺は待ってるぜ』(蔵原惟繕監督)で日活アクションというジャンルを萌芽させ、同年末の『嵐を呼ぶ男』(井上梅次監督)で、文字通り、戦後ニッポンを代表するスターとなった・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/07 00:25
ライオンが吼える時 MGM映画の歴史
1924年、鉄屑業者だったルイス・B・メイヤーが設立したメトロ・ゴールドウィン・メイヤー=MGMは、”天上の星より勝るスター”を誇る、ハリウッドを代表する映画スタジオとなった。グレタ・ガルボ、ジョーン・クロフォード、ジーン・ハーロウ、クラーク・ゲイブル、ロバート・テイラーといったスターの主演作を次々と送り出し、ゴージャスな作風は世界の映画ファンを魅了。僕にとっては、1930年代末から1950年代中期にかけて、ジュディ・ガーランド、ジーン・ケリー、フレッド・アステアを中心にしたミュージカル・スター... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/03 11:16
「私の寅さん」収録
本日、駒場東大前の民藝館で、衛星劇場「私の寅さん」収録(放映日未定)がありました。今日の第一のゲストは、第36作『柴又より愛をこめて』で松竹の事務職から山田組の助監督となり、第43作『寅次郎の休日』でチーフ助監督となり、最終作『寅次郎紅の花』まで現場を支えられた阿部勉監督でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/27 20:38
3月29日(日)寅さん記念館でトークをします!
来る3月29日 14:00~15:00 葛飾柴又寅さん記念館 でトークイベントでお話をさせていただくことになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/19 09:36
3月のお仕事
さて、三月も半ばを過ぎて、一気に春という感じになってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/17 11:38
前田吟さんインタビュー ネット配信
本日より、松竹オンラインさんで、衛星劇場「私の寅さん」スペシャルのために収録した対談の模様が、「前田吟さん特別インタビュー」がwebバージョンとして公開されております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/09 17:24
2009年のお正月
あけましておめでとうございます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/01 11:04
2008年の総決算
2008年もあっという間に大晦日になってしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/31 09:19
わたしが子供だったころ〜木の実ナナ
日曜の深夜にNHK総合でやっている、自叙伝ドラマです。はずれも多いのですが、昨日(今朝)の木の実ナナさんの回は、とても良かったです。彼女が生まれたのは1946年、育ったのは、向島寺島町。そうです「鳩の街」と呼ばれたレッドラインエリアです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/15 17:02
”OSSと呼ばれた男”再び
 かつて、1960年代末フジテレビ系で「黄金のスパイ作戦」なるスパイ映画枠がありまして、そこでイタリアや西ドイツ、イギリスといった諸国の諜報映画ばかりを放映してました。その頃は、どこもかしこもスパイスパイと、テレビも映画も、諜報員があふれていました。そこだったか、どこだったかで、『OSS117/東京の切り札』なる日本を舞台にしたスパイ映画がありました。吉村実子さんや南廣さん、そして二本柳寛さんなどが出演されていました。1966年の製作ですので、『007は二度死ぬ』より前に作られています。この作品... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/13 12:34
「私の寅さん」と『砂の器大検証』
佐藤利明が出ている今月のテレビ番組の告知です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/10 11:59
『WALL・E/ウォーリー』と、”歌”でつながるということ
12月5日に公開されたディズニー/ピクサーのアニメーション映画『WALL・E/ウォーリー』は、実にイイ映画です。ゴミだらけになり、荒廃した地球から人類が脱出した後、お掃除ロボットのウォーリーが、700年もの間、ひたすらセッセとゴミを回収して、整理を続けています。いつの間にか、ウォーリーの仲間は故障したりクラッシュして、地球にはたった一体だけのウォーリーしかいなくなります。友達は一匹のゴキブリ。ウォーリーにとっては、ゴミは宝の山。そのなかから、気になったもの、興味あるものをきちんとコレクションして... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/08 11:47
バリ島からの『寅次郎音楽旅』
 11月26日発売となった、CD『男はつらいよ/寅次郎音楽旅〜寅さんの”夢””旅””恋””粋”〜』(ユニバーサル ミュージック)。http://www.universalmusicworld.jp/va/torajiro_ongakutabi/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/27 10:34
男はつらいよ 寅次郎音楽旅〜寅さんの”夢””旅””恋””粋”
「寅さんがいる風景」には いつも音楽があった・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/28 11:28
メイキング・オブ「吉永小百合映画歌謡曲 日活篇」
この夏は、二枚組のCD、二作品と悪戦苦闘しておりました。いずれも、自分でトラックダウンまで行うので、音源整理、音源チェック、選曲、マスター作りまですべて一人でやっております。これが昔だったら、素材チェックと選曲だけだったのでしょうが、音楽製作をめぐる状況が大きく変わり、機材やソフトの進化によって、この原稿を書いているMacintoshでも、音楽素材を取り扱えるようになったことで、自分の仕事の範囲が目に見えないところで大きく変わってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/10/11 14:18
「それ行けスマート」と『ゲットスマート』の面白さ
 スパイ・スプーフ数あれど、この『ゲットスマート』ほど、観客を楽しませてくれる娯楽映画はなかったのではないでしょうか? 楽しみにしてきたこともありますが、実にバランスの良い、そしてオリジナルへの目配せも心憎くて、「おバカ映画」なんて冠は、失礼にあたるほど、コメディとして、アクションとして、そしてチームワークの映画として、良質の作品でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/11 12:34
何だって面白くしてやる! 湯布院映画祭の舛田利雄監督
 第33回湯布院映画祭の舛田利雄監督特集「何だって面白くしてやる!」のシンポジウムに出席するため、8月28日から31日まで、大分県湯布院に行ってきました。伝統ある映画祭に呼ばれることになったきっかけは、昨年、上梓させていただいた「映画監督舛田利雄 〜アクション映画の巨星 舛田利雄のすべて〜」(ウルトラヴァイブ)だそうです。この本を実行委員の方がお読みになって、今回の特集のヒントになったそうです。これが何より嬉しかったです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/09/03 15:41
男はつらいよ 特集上映
8月9日からスタートした、東京東銀座の東劇での『男はつらいよ 40周年記念特集 ニュープリント上映』に、隔日で通っております。一日、二本ずつ、スクリーンで『男はつらいよ』をニュープリントで観るというのは、実に嬉しいです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/15 00:56
手塚部長刑事に聞く『100発100中 黄金の眼』
前田美波里さんが「ハピふる」に出ておられましたね(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/29 11:35
"アンドリュー星野"から始まる
 先日発売されたDVD『100発100中』(1965年東宝)で、パリからやってきた(自称)インターポールのエージェント、アンドリュー星野役の宝田明さんをご覧になって、あの「ダンディ」演技を堪能された方も多いと思います。宝田さんといえば、キザ、エスコート上手、日本人ばなれしたフェミニスト、それにオーバーアクト! リアクションが大げさ・・・などと、「濃い」キャライメージがあります。その源泉となったのが、この『100発100中』であることは間違いありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/29 11:31
衛星劇場「私の寅さん」スペシャル
来月、『男はつらいよ』40周年記念ということで、衛星劇場さんで関連番組をスペシャル枠で放送します。 ワタクシがホストをつとめさせていただいている「私の寅さん」では、山田洋次監督ロングインタビューはじめ、これまでの放送分をまとめて一挙放送していただくそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/18 12:34
君も出世ができる
この7月25日、東宝から「帰って来た東宝ゴクラク座」DVD-BOXがリリースされます(単品同時発売)。1964年に作られた早すぎた傑作『君も出世ができる』が満を持しての初DVD化です。この映画は、空前のミュージカルブームのなか、東宝がオリジナルのシネ・ミュージカルを作ろうと、藤本真澄プロデューサーが鳴り物入りで製作。須川栄三監督、井手俊郎&笠原良三脚本、黛敏郎音楽、谷川俊太郎作詞、関矢幸雄振付という布陣で、果敢にもミュージカル映画を作ってしまったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2008/07/17 12:56
「男はつらいよ40周年」プロジェクトと衛星劇場「私の寅さん」
 今年は、『男はつらいよ』40周年ということで、松竹の若手社員を中心にプロジェクトチームが立ち上がり、さまざまなプロジェクトを立案、企画を展開中です。来週からは公式ホームページとデータベースがスタートする予定で、現在「フーテン便り」が配信されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/07 18:02
湯布院映画祭
 拙著「映画監督舛田利雄〜アクション映画舛田利雄のすべて〜」が発売されて九ヶ月がたちました。チャンネルNECOさんや、衛星劇場さんでの特集放映(衛劇さんではCMも作っていただきました)や、各種雑誌での書評等で、それなりのご好評をいただいており、編者としては、苦労した甲斐というものを、その都度、感じさせていただいております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/07 12:12
セルジオ・レオーネに酔う 
一ヶ月半ぶりの更新です(しかも長いです)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/02/18 10:48
映画をおもちゃにする
「ゴールデンスタア 日本一の無責任男 植木等」1/6フィギュアを総指揮させていただいたご縁で、タカラトミーさんと、グループ会社であるトミーテックさんの若い担当者ととともに、様々なかたちで“映画”玩具というジャンルへのアプローチを行っています。  トミーテックさんの「東宝名車座」「日活名車座」シリーズもその一つで、既に若大将シリーズ、東宝クレージー映画、そして小林旭さんの「暴れん坊」シリーズの劇中に登場した車がヴィンテージ・ミニカーとして次々と登場しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/04 11:53
小林旭 KEEP ON RISING,CHANGE THE STREAM 12月5日発売!!!
マイトガイレーベルから小林旭の最新コンセプトアルバム「KEEP ON RISING,CHANGE THE STREAM」(GGMG-0002)がいよいよ明日リリースされます! ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/03 12:15
映画秘宝に舛田利雄監督登場!
「映画監督 舛田利雄〜アクション映画の巨星 舛田利雄のすべて〜」(ウルトラヴァイヴ)出版後、舛田監督に久々にお目にかかりました。この10月5日に八十歳をお迎えになった監督はますますお元気で、現在オンエア中の渡哲也さんの「松竹梅」CMを演出されたばかりとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/14 09:53
東宝名車座「くたばれ!無責任」
 「若大将」「クレージー」「東京の暴れん坊」と、1960年代〜80年代の映画に登場したクルマをトミカ・リミテッド・ヴィンテージにする、トミーテックの「名車座」シリーズ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/13 11:05
本日発売「映画監督 舛田利雄〜アクション映画の巨星 舛田利雄のすべて〜」
 本日、10月25日に「映画監督 舛田利雄〜アクション映画の巨星 舛田利雄のすべて〜」(舛田利雄著・佐藤利明・高護編)がウルトラヴァイヴから発売となります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/10/25 09:05
映画監督 舛田利雄〜アクション映画の巨星 舛田利雄のすべて〜
 ようやく出来上がりました。10月25日発売です。528ページの大冊になってしまいましたが、日活アクション、「宇宙戦艦ヤマト」、『大日本帝国』に代表される舛田利雄監督の多彩なジャンルに通底している「娯楽の真髄」に迫る事ができたかどうかは、読んでいただいた皆さんがご判断されることですが、この一年十ヶ月、頑張って作りました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/06 10:03
多羅尾伴内楽團と三人の多羅尾伴内
 9月21日は、今年二回目のナイアガラの日。待望久しかった「多羅尾伴内楽團VOL.1&VOL.2」30周年アニバーサリー盤がリリースされました。村松邦男さんの”狂熱の”ギターテクニックが堪能できる、エレキ・インストアルバムです。しかも今回は、ファースト・リリース以来、所在不明だった「波音入マスター」が発見され、そのバージョンとしては待望の初CD化です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/09/22 11:29
映画監督・舛田利雄
赤いハンカチ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/14 12:01
『日本一の裏切り男』の凄味
 昭和四十三年は、いろいろと微妙な年です。若大将は『リオの若大将』で京南大学を卒業し、シリーズは大団円を想定していました。またゴジラは『怪獣総進撃』でひとまずフィナーレを迎える筈でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/05 10:02
『日本一の裏切り男』への転向
 古澤憲吾監督が、『日本一の男の中の男』で、植木等さんの小野子等を、ウーマンリブに猛反発し男尊女卑の日本男児に仕立て上げたことは、無責任男→有言実行男と、保守化してきた、「日本一の男」シリーズが古澤作品である以上、当然の帰結だったと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/03 18:59
東宝名車座/日活名車座
 トミカといえば、マッチボックスが主流だった僕の少年時代に、突如として出現した国産ミニカーです。販売がスタートしたのが、ちょうどミニカーから一回離れる年令だったのですが、よく買っていたのが、ペプシコーラの運搬車などのコマーシャルカーや、商用車です。キャラクターものとして買っていたんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/30 13:57
坪島孝監督の『だまされて貰います』
 東宝クレージー映画、クレージー作戦シリーズとしてはファイナルとなった『だまされて貰います』(71年)。映画が傾きかけて、歯止めが利かなくなっていた頃、それでも『クレージー黄金作戦』(67年)の夢よもう一度と、ハワイ・ホノルル、ニューヨークロケを敢行した、斜陽のなかの大作です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/08/24 13:01
虹の彼方に〜哀悼 坪島孝監督
東宝クレージー映画のメイン監督のひとりである坪島孝監督が、12日お亡くなりになられました。代表作『クレージーだよ奇想天外』(66年)を観ればわかるように、ハリウッド喜劇がお好きで、作品にお人柄が出ておられます。植木等さんといえばパワフルな古澤憲吾作品にどうしても眼がいってしまいますが、坪島孝作品の魅力は谷啓さんとのコンビネーションと、クレイジーキャッツをバランス良く配した作劇にあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/21 14:51
クレージー映画は何本?
 さきほど、とある方から「クレイジーキャッツ映画は何本ありますか?」と問い合わせがありました。普段、僕らはクレージー映画といえば、東宝クレージー映画、すなわち『ニッポン無責任時代』(62年)から『日本一のショック男』(71年)までの三十本をカウントしております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/16 14:43

トップへ | みんなの「娯楽映画」ブログ

佐藤利明のTICKLE ME 娯楽映画と音楽と 娯楽映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる